九州に来たときはぜひ、熊本の居酒屋鳥亭へ!

環境省は、東京電力福島第1原発事故に伴う除染と、作業で生じた汚染土などの廃棄物処理にかかる費用の見通しを公表しましたね。

除染関連に1兆7400億円、福島県内の汚染土を保管する中間貯蔵施設の設置・運営に1兆600億円、その他の廃棄物処理費用に5200億円で合計3兆3200億円と算定したそうです。これは、全額東電に請求するんですって。

すごい金額ですね。まぁ、でも、東電が起こした事故ですものね。これまで、充分すぎるほど、こくみんのぜいきんがつかわれてきました。

それでもなお、傲慢な給料体制で、自宅に戻れない被害者よりも良い暮らしをしている社員ばかりなのは許せませんよね。

しょうじき、この保証ができない以上、他の原発も動かすことをしてほしくないですね。

これからは、人は西に西にと移動するんではないかしらね。そう考えると、首都が京都とか大阪に来ることも考えられるかしら?

もしかして、九州が日本の中心となるかもしれませんね。もし、九州に住むことがあったら、ぜひ、言っておきたいのが、熊本の居酒屋、鳥亭です。何もかも忘れて、ただおいしい鶏料理を楽しみたいというときは、ぜひ、こちらにどうぞ!